会長挨拶

杏里会会長 森田耕司

 杏里会は、杏林短期大学衛生技術科(1979年、保健学部に発展的解消)第1期~第13期卒業生1678名と杏林大学保健学部第1期卒業生の合同同窓会組織として1983年に発足いたしました。  保健学部は本年3月に第25期生256名を社会に送り出しましたので、会員数は現在5789名に達しております。

 社会における大学のあり方について様々な議論が展開されている中、母校は積極的な大学改革に取組みながら大きな飛躍の時期を迎えています。  このような時にこそ、同窓会組織は母校を支える縁の下の力持ちとして機能する必要があると考えます。

 発足以来、杏里会は大学と会員のパイプ役となって様々な活動を展開してまいりましたが、会員への情報源は年2回発行の会報のみに限られておりました。  そこで、この度はホームページを開設し、その情報提供手段としての有用性を検討することにいたしました。  ホームページの有効利用は、杏里会が目的とする「大学と会員間のパイプ役機能」の向上に結び付くものと考えます。  多様な情報源の発信源として発展させるために、皆様のご意見をいただければ幸いです。


TOP