卒後教育実施報告 -第10回同窓保健師交流会-

20141801-07.jpg

 おかげさまをもちまして、去る2014年3月15日、杏林大学三鷹キャンパス看護・医学研究棟にて、第10回同窓保健師交流会を無事開催することができました。第1部は保健師就職希望者を対象として先輩保健師の体験談や講演、グループ相談等を実施、第2部では既に就業している保健師及び今春から保健師として就業する予定の4年生を対象として、グループワークを中心とした会を、続いて第3部では懇親会を執り行いました。10年目となる今回は、同窓生28名と教職員7名の計35名及び多数の在校生が出席し、活発な話し合いを行いました。
 
卒業生からは
「こういう会があることを同僚保健師にうらやましがられた。恵まれていると感じた」
「愚痴を吐き出させてもらった。毎年3月にこの回で吐き出してリセットして4月から働ける」
「ここでのつながりが仕事に活かされている」
「仕事の中で楽しさや醍醐味を見つけられるようにして働いていきたいと思った」、
 
4年生からは
「不安でいっぱいだったが、『保健師っていいな』と思えた。来年は自分が経験を話せるよう、1年間頑張っていきたい」
「こんなにたくさんの保健師の先輩たちがいるのはすごいと思った」
との感想が寄せられました。
 
同窓生たちにとっては心のよりどころとなっていることを改めて実感させられました。
杏里会のご支援を心より感謝しております。
 
(担当:山口佳子)
 
20141801-08.jpg

TOP